印鑑・はんこ・実印等を紹介する「はんこを"推"してみるページ」

TOPページ  >  印鑑の歴史

印鑑の歴史

印鑑やハンコにも、歴史があります。
これも深く考えさせられます。

印鑑の元となる印章は、
紀元前5000年頃に古代メソポタミアで使われるようになったとされています。
当時は円筒形の印章を粘土板の上で転がすもので、
認証の道具の一つとして使われていたようであります。
紀元前3000年頃の古代エジプトでは、
ヒエログリフが刻印されたスカラベ型印章が用いられました。

その技術の意味は私にはよく分かりませんが、
それ以来印鑑は、認証、封印、権力の象徴などの目的で
広く用いられる様になりました。

日本以外で印鑑文化が盛んな中国では、
その昔は篆刻(てんこく)と呼ばれた、印章を作成する行為が盛ん。
その期限は紀元前からの古代王朝時代からと言われています。
印鑑の先輩ですね。

日本においての印鑑の歴史が始まったのは、
室町時代とも江戸時代初期とも言われていますが、
はっきりした時期は定かではありません。

昔は印鑑は権力・娯楽の要素にも使われていたらしく、
金印のように、かつての東アジアの冊封体制の元、
皇帝が諸国の王を臣下と認める証しとして
その地位に応じた金印を与えられました。
印鑑が権力の象徴だった時代・・どうやってその印鑑を使ったのでしょうか?

また、印譜(いんぷ)と呼ばれる、印鑑の印影や印章を載せた、
芸術性の高い書籍が出回っていた時代もあるようです。

印鑑の歴史は、今の我々が知り得ない
印鑑の使用法がたくさんあったのですね。

Valuable information

中野区の斎場

最終更新日:2018/5/17

はんこを"推"してみるページ。

『印鑑 使用』 最新ツイート

@agehataaan

「旧姓使えば」って言いますけど。10年以上前に生保営業してたと、あれ金融系の資格職ゆえ旧姓使用厳禁だったので名刺や仕事用の判子(印鑑だけでなく)も全部作り直しだし、すでに顧客に浸透してる姓が変わるわで大変不利益被りましたよ…。

7時間前 - 2021年06月24日


@plumassignment

チタンで作成した印鑑は抜群の耐久性能を誇ります! 落下などの衝撃で破損しづらく、また火災になっても燃え残る程の耐熱性能も兼ね備えています! 実印や銀行印など、長期間使用する印鑑の素材にピッタリですね! #実印 #銀行印 #チタン #はんこ

10時間前 - 2021年06月24日


@kouji_pon

車の名義と車検申し込み人の名義が違う場合 名義が違っていても車検を受けることは可能です。車検証に記載されている使用者の印鑑が必要となります。

14時間前 - 2021年06月24日