印鑑・はんこ・実印等を紹介する「はんこを"推"してみるページ」

TOPページ  >  印鑑の歴史

印鑑の歴史

印鑑やハンコにも、歴史があります。
これも深く考えさせられます。

印鑑の元となる印章は、
紀元前5000年頃に古代メソポタミアで使われるようになったとされています。
当時は円筒形の印章を粘土板の上で転がすもので、
認証の道具の一つとして使われていたようであります。
紀元前3000年頃の古代エジプトでは、
ヒエログリフが刻印されたスカラベ型印章が用いられました。

その技術の意味は私にはよく分かりませんが、
それ以来印鑑は、認証、封印、権力の象徴などの目的で
広く用いられる様になりました。

日本以外で印鑑文化が盛んな中国では、
その昔は篆刻(てんこく)と呼ばれた、印章を作成する行為が盛ん。
その期限は紀元前からの古代王朝時代からと言われています。
印鑑の先輩ですね。

日本においての印鑑の歴史が始まったのは、
室町時代とも江戸時代初期とも言われていますが、
はっきりした時期は定かではありません。

昔は印鑑は権力・娯楽の要素にも使われていたらしく、
金印のように、かつての東アジアの冊封体制の元、
皇帝が諸国の王を臣下と認める証しとして
その地位に応じた金印を与えられました。
印鑑が権力の象徴だった時代・・どうやってその印鑑を使ったのでしょうか?

また、印譜(いんぷ)と呼ばれる、印鑑の印影や印章を載せた、
芸術性の高い書籍が出回っていた時代もあるようです。

印鑑の歴史は、今の我々が知り得ない
印鑑の使用法がたくさんあったのですね。

Valuable information


千葉 田舎暮らし



最終更新日:2021/7/1

はんこを"推"してみるページ。

『印鑑 使用』 最新ツイート

@naiyou_shoumei

【内容証明Q&A】Q5:押印に使用するはんこは認め印(三文判)でも大丈夫ですか? A5:大丈夫です。なお、差出人名の横の押印は任意です。また、外国人の方の場合は、用紙の繋ぎ目の印鑑と訂正の印鑑はサインで代用することが可能です。

6時間前 - 2021年07月29日


@inkanlifehineno

大隈重信・寺島宗則・山縣有朋・伊藤博文など明治政府の参議で使用した印鑑です。 https://t.co/Yyrj5Z16iB

9時間前 - 2021年07月29日


@kishikenn

法務省官僚には赤レンガ組(事務方)と検察官(現場)の2種類で構成されていて検察庁から出向して出世する人が多い 偉いのは検察官であり、俺の事件では検察官が法務大臣の印鑑を使用して仕事の重要文書を捏造した事件である 他にも国会議員や総務省から指導されてるのに証拠を検察官が勝手に破棄

10時間前 - 2021年07月29日